俺でも外資系!?

外資系企業で働いていたキャリアを持つ意識低い系男子が、外資系企業の転職活動について色々情報発信するブログです

【ヤバイ!?】部下が喋ってくれなくなったし元気がない。どうすれば正解なのか?

f:id:oredemo-gaishi:20211006103032j:plain

ども!

マークです。

最近どうも部下の様子がおかしい、全然喋ってくれない。

「...これは何かヤバイ状態なのでは?」

そんな風に思ったこと、ありませんか?

あなたが思っているとおり、これは部下からの「ヤバイ」というサインです。

放置しておくと大変ですので、できるだけ対処しておいた方がいいです。

そこで今回は、僕のマネジメント経験から、部下が喋らなくなった原因と対処方法について書いてみたいと思います。

 

部下が喋らなくなった原因とは?

結論から言うと、あなたへの信頼感がなくなった、ということです。

なぜなくなったのかはそれぞれ個別の理由があると思いますが、大半は

  • 理不尽なことで𠮟責した
  • スケープゴートにした
  • 人格を否定することを言った
  • 誰かと比較して罵った
  • 脅迫まがいに聞こえることを遠回しに言った

など、相手の立場を考えず、自分の一方的な都合で部下を取り扱い、心を傷つける言動をしたことが原因だと思います。

最近のあなたの部下に対する言動を振り返ってみて下さい。

当てはまること、ありませんか?

傷つく、傷つかないを判断するのは相手です。

もしかすると、あなたは傷つけた心当たりがないかもしれませんが、相手からすれば「傷つくこと」だった可能性もありますので、そこは注意が必要です。

 

信頼を失うと必ず人間関係は破綻する

人と人との信頼は貯金みたいなものだと言われています。

良いこと、役に立つことをすると信頼が貯まり、傷つけたり、裏切ったりすると信頼が失われていきます。

この貯金がなくなってしまうと、ちょっとしたイザコザが原因で

「あ、この人はダメだ。」

「ちょっとこの人とは距離を置こう。」

と思われてしまいます。

そもそも部下との信頼は日ごろから”貯金”できていたのか?

そこも振り返っておいたほうがいいでしょう。

もしかすると、もう限界が来ていたのかもしれませんよ。

 

喋らなくなった部下の対処方法

心を開いてもらうためには、自分からおりていかなくてはいけません。

上から目線で、

「どうした?」

「なんかったのか?俺も若い時は...。」

とするのではなく、相手が思っていることに対して耳を傾けてあげることが大切です。

間違っても、自分なりの結論に話をもっていってはいけません。

結論を出すのは部下の方ですから。

一方的な意見の押しつけは、

「ああ、この人は結局話を聞いてくれなかった。」

と思わせてしあうことになりますからね。

 

なお、喋らなくなった部下はそっとしておくという選択肢もあります。

確かにそれも解決方法の一つなのかもしれません。

ですが、放っておいても、余計な妄想・憶測で人間関係がより悪化することはあっても、改善することはありません。

くすぶった感情はくすぶったままですので、まだ火種が小さなうちにしっかりと鎮火しておきましょう。

 

まとめ

今回は、部下が喋らなくなった原因と対処方法について書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

上司・マネージャーという立場になると、部下のマネジメントに心を悩ます日々になり苦労が絶えません。

ですが、この経験は将来必ず役に立つ時が来ます。

頑張っていきましょう!