俺でも外資系!?

外資系企業で働いていたキャリアを持つ意識低い系男子が、外資系企業の転職活動について色々情報発信するブログです

【絶対にやめとけ】外資系企業に向いていない人の特徴まとめ【後悔するから】

f:id:oredemo-gaishi:20211006142906j:plain

今回の記事では外資系企業に向いていない人の特徴」についてまとめてみたいと思います。

僕はこれまで3社の外資系企業で働いていたことがありますが、やっぱり外資系企業に合う、合わない人はいます。

なので、これから外資系企業に転職しようと考えている人は、後悔しないためにも自分の適性をよ~く考えてみてください。

では、みていきましょう!

 

外資系企業に”ガチ”で転職したい方だけ見てください】

oredemo-gaishi.hatenablog.com

参考記事:【ガチ厳選】外資系金融業界3社経験したから言えるオススメ転職エージェント - 俺でも外資系!?

 

外資系企業に向いていない人の特徴

①:英語が苦手な人

外資系企業では英語を使います。

面接、社内のコミュニケーション、電話会議、テレビ会議、メール、チャット、社内文書など。

ありとあらゆる場所で英語が使われているので、それが読めない、書けない、話せないとなると、どれだけ仕事ができても、その能力を発揮することができません。

職種によって求められる英語スキルにある程度違いはありますが、僕が担当していた外資系金融のオペレーションの場合は、ビジネスレベル以上(肌感覚としてはTOEIC800点以上、もしくは、長期間の海外留学経験アリのレベル)の英語レベルがないと厳しかったです。

英語が苦手な人にとっては外資系企業はかなりハードルが高いキャリアとなります。

より活躍できる別の道を探した方がいいと思います。

 

【参考記事】

oredemo-gaishi.hatenablog.com

参考記事:外資系金融のオペレーションってぶっちゃけどうなの?年収はどれくらい? - 俺でも外資系!?

 

②:つい上司に反抗的な態度をとるクセがある人

外資系企業では上司の言うことは絶対です。

どんな無理難題に対しても、求められる返事は「Yes」のみ。

上司が人事権を握っているので、このような完全縦社会となっているのです。

もし、あなたが上司に対してつい上司に対して反抗的な態度をとってしまうクセがあるのなら、それは直しておかなければいけません。

外資系企業の上司は、基本的に反抗的な態度は反乱分子とみなし、干すか、もしくは、遠回しに辞めるように仕向けてきます。

せっかく縁があって入社した外資系企業でも、短命に終わっては意味がありませんからね。

「いやあ~、上司でも言いたいことは言うスタンスですね!」

という人は、もしかすると外資系企業は向いていないのかもしれません。

 

【参考記事】

oredemo-gaishi.hatenablog.com

参考記事:めっちゃ厳しい?結果主義?外資系企業の外国人上司ってこんな人!! - 俺でも外資系!?

 

③:「結果」よりも「プロセス」を評価してほしい人

外資系企業では結果を出すことが求められます。

これはどの役職、ポジションであろうが同じです。

出せなければ、どれだけ努力をしていたとしても、それは評価されません。

ある意味フェアなのですが、日系企業(というか日本人的ウェットな感覚)からすれば、ちょっと冷たくてドライな印象に映ることもあります。

僕自身も、結果で評価してほしい時もあれば、プロセスも同じように評価してほしいと思う時もありました。(かかわる案件、それぞれ個別性がありますから)

ですが、やっぱりそこは結果をもってのみの評価となります。

もし、あなたが「プロセス(過程)」もしっかり評価の対象としてほしいと思うのであれば、もしかすると外資系企業は向いていないかもしれません。

 

【参考記事】

oredemo-gaishi.hatenablog.com

参考記事:【経験者が語る】あなたが外資系企業で長~く生き残るために必ず知っておきたい処世術とは? - 俺でも外資系!?

 

④:社内の立ち回りがうまくない人

外資系企業には優秀な人が多いです。

しかも、みんなキャリアに貪欲で、さらに上のフィールドを目指してハードに働いています。

そんな人たちと一緒に仕事をするわけですから、どうしてもそこに社内政治が生まれてしまいます。

上司への過剰なゴマすり、揚げ足取り、責任の擦り付け合い、密告、スケープゴートなど。

とにかくいろんな人間関係の中で自分の居場所を見つけていかなければいけません。

社内での立ち回りがうまくない人の場合、相手から利用されたり、いいように責任の擦り付けられてしまう可能性があります。

もちろん、すべての外資系企業の職場に社内政治が存在するとは思いませんが、少なくとも僕がいた外資系金融業界はそのるつぼでした。

外国人上司が海外から来たらものすごい接待で歓迎し、普段は愚痴ばかり言っている人も

「Thank you!」

「I am happy to work!!」

なんて、心にも思っていないことをニコニコしながら言ってました。

また、同じ日本人の上司から口頭ベースで

「悪いけど、あの人にこれこれこういう内容でメールで確認しといてくれない?」

といって自分の代わりにメールさせておき、そのメールがきっかけで相手が機嫌を損ねたら、

「ん?俺はそんなの頼んでないよ。」

と梯子を外す人もいました。

外資系企業で働く際は、中の人間関係やパワーバランスをしっかり見極めておくことが、サバイブにつながります。

 

【参考記事】

oredemo-gaishi.hatenablog.com

参考記事:外資系企業の人間関係ってドライ?ドロドロしてる?経験者がぶっちゃけます! - 俺でも外資系!?

 

まとめ

以上、外資系企業に向いていない人の特徴についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

何か参考になる部分があればうれしく思います。

では、また!

 

【こちらの記事もどうぞ】

「それでも外資系企業でキャリアアップしたい!」

そんな方にオススメの転職エージェントをまとめています。

よろしければご覧ください!

参考記事:【ガチ厳選】外資系金融業界3社経験したから言えるオススメ転職エージェント - 俺でも外資系!?